夜と霧

私が手にとったこの本は、初版から43刷目にあたるものでした。
以前からずっと読んでみたいと思っていた名著。
ちびちび、でもしっかり内容を咀嚼しながら読み進め、最後のページを閉じたのは8月9日。
長崎に原爆が投下されて68年目の日でした。

アウシュビッツを経験し、無事に生還した心理学者の実体験に基づいたこの作品。
後半はこの作者が強制収容所を通し、人間が極限状態に陥ったときの状況を、学者らしく、また生生しく記しています。

ただ、これを読む前に72ページにも渡る「解説」をまずじっくり読んでほしい。
実際にアウシュビッツをはじめ、ドイツ各地に点在する強制収容所で行われていた、残酷な現状をことこまかに書いている。読んでいても眉をしかめ、時には目を閉じてしまうような非道の限りが
この強制収容所で行われていたのです。

この状況下で、作者は生きのび、そして多くの同じ環境下で生きる人たちをみていたのです。
この事実に驚き、そして作者の最後まで「人間としての何か」を失うことなく生きていたということに
ただただ尊敬するばかりです。


戦争はよくない。
これは誰もがわかっていることです。

では、なぜいけないのか。
戦争がもたらすものは一体何なのか。
戦争で失うものは何なのか。


この本の中に、これらの問いの答えになるものがたくさんあります。

  • -
  • 15:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

今日の言葉

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM