凶悪

この作品を知ったのは、今年9月に公開予定の映画「凶悪」サイトを知ったことでした。
主役に山田孝之、告発する死刑囚はピエール瀧、そして殺人犯はリリー・フランキー。
個性的、かつ味のある俳優陣。そして物語の内容の重さ。
「どんな映画になるのか…しかしとても楽しみ。これは原作読んでおかないといかん」

「上申書殺人事件」として世間に注目を浴びた実在する事件。
これを世に知らしめることになったのは雑誌「新潮45」の独占スクープ記事。
担当した記者と、死刑が確定している死刑囚という立場にもかかわらず獄中から告発をした
男とのやりとり、取材、そして本書で「死の錬金術師」といわれる男が逮捕されるまでの
長い年月の経緯を綴ったノンフィクション。


スクープを取る大変さ、そしてそれが本当にスクープとして世に出せるものなのかどうかの確認、
記事に掲載するまでの当事者探し、本人に取材できるようになるまでの努力…
写真週刊誌に少し携わっていた当時を思い出しました。
筆者は常に「本当にこの告発は正しいのか」「この証言には確証があるのか」、
そして「世に発表することができるのか」ということを念頭に置いています。
これをずっと保ちながら、一進一退する作業を繰り返すのは相当の努力と根気が必要です。

それでも「これは絶対に世の中に公表しなければいけない事件だ」という筆者の正義の一心、
そして死刑囚の想像を超える「復讐」の1点。
この相反する2つが結託して、この事件は陽の目をみることになったのです。


事件の内容は、どこかですでに公開された映画のシナリオじゃないのかと思うほど
短絡的で残酷。
いとも簡単に「人を殺す」という選択をし、利益を得る。
あっという間に金で、全ての悪事を握りつぶされるという事実。


この事件は現実に起こったものなのだと知って怖いと思う以上に、
自分もこのようなことをする可能性があり、そして事件に巻き込まれる範囲内の
世界で生きているということに怖さを感じます。

レンタルチャイルド

インドの人身売買の実態、さらには「レンタルチャイルド」と呼ばれるインドマフィアの間で
金を手に入れるための道具として扱われた子どものすざまじい生活、人生にせまったフィクション。

どんなに貧困で、周囲から蔑まれても人間は生きると決めたら力を発揮する。
人々が寄り添えばそこには情や愛、責任感も芽生える。
その人々は「仲間」になり、仲間のためになら犠牲もいとわなくなる。

壮絶な実態が描かれた行間には、そのようなことが読み取れます。
あまりにも内容が衝撃的で絶句することもありますが、でも仲間に対する本当の優しさや
生きるたくましさ、どんな状況の中でもプライドを保とうとする尊さがあるということに、
少しほっとします。


インドをはじめ、アジア各地での人身売買は問題として取り上げられています。
こういう事実を知ったとき、どうすればいいのかと少し困ります。
この本を読み終えたときも、自分の感情をどこにおとせばいいかちょっとわからなくなりました。

さらにインドに限って言うと女性差別から非常に多くの、しかも尋常でない性犯罪が起こっていて
このニュースを知ったときには心から腹が立ったし「でもどうすりゃいいんだ」と戸惑いもしました。


知らないよりは良いのかもしれません。
このような事実が世界のどこかではあって、
過酷な中で生きている人たちが多くいるということを
知った上で生きていくということ。

このような事実に少しでも触れられる機会があったときに、
適正に対応できる勇気を出せるようにしないといけない。

何よりこの感情を忘れてはいけないのだと思います。

 GM
*ネタバレ注意*


ウォン・カーウァイ6年ぶりの作品は構想17年、撮影3年をかけたカンフー映画。
ブルース・リーの師匠でもある詠春拳の達人、イップマン(葉問)の自伝的な物語。
ブルース・リーが拳の達人でありながらも、非常に哲学的な深い名言を数々残していますが、
その思想の源流をこの映画で感じとることができます。


カンフーにも流派があり、さらに北と南によって技術さながら作法、思考も違います。
イップマンの詠春拳は南の地で誕生したもの。
技法を高めるためにも双方が交流していたのですが、
イップマンは北の八掛拳の宗師・宝森から流派統一の後継者に選ばれます。
そこに宝森の弟子でもある馬三、さらに宝森の娘・宮若梅(チャン・ツィイー)も手を上げたところから物語は動き出します。


武術指導は、これまでにジャッキー・チェンの多くの作品に携わったユエン・ウーピン。
それだけにワイヤー含めたアクションは天下一品。
カンフーの力強さ、流れるような1つ1つの身体の動きのしなやかさ、
そして激しさを監督が丹念に、丁寧に、優雅に撮影。

スローモションを多用していますが、それがさらにカンフーの動きの美しさを際出させる。
映像が上質なシルクのスカーフに描かれた絵巻のような、ずっと眺めていたい鮮やかさ。
そして肌が震えるほどの滑らかな触感さえ感じられるのです。



「カンフーといえばジャッキー。なんでカメオでも良いから出ないの?」
と考える方はいるでしょう。
私もふとそう思ったクチなのですが、キャスティングされなかった理由は
なんとなくわかります。あくまで私の推論ですが…。

1つはジャッキーが出てしまうことで、物語全てをもジャッキーに食われてしまうから。
それほど彼がカンフー映画に残してきた偉業が大きいということもありますし、
今や世界に通用する「カンフー俳優」でもあります。
あとは、美しさを追求する監督としてはジャッキーはその「美」におさまる器ではないということ。
立っているだけでも「ジャッキー・チェン」というオーラは突出してしまい、隠しきれないのです。


「続編あるよな…いや、ないとあかん」と思ったのは、八極拳の使い手・一線天(チャン・チェン)の
エピソードがあまりにも短い!
宮若梅と恋の予感を感じさせつつ、かつキーマン的な要素も含んでいそうな役柄にも
かかわらず、あんまりにもチョイ役すぎる。



続編があると願いをこめて…


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

今日の言葉

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM