ニャロメ!!「もーれつア太郎」より / 赤塚不二夫

0
    ニャロメ!

    インパクトあるその表情。
    でもどこか愛嬌がある。
    「ニャロメ!」というセリフのキレのよさ。
    大好きなキャラクター・ニャロメが主人公の物語のみを集めた単行本。

    いたずら好きのニャロメだけど、そんなニャロメを利用して悪いことをする人間の物語が
    けっこう多い。


    なんだかなあ…ニャロメ…。


    救われるのは、泣きながらも「オレはもう人間を信じニャイ!」とすっくと立ち上がり
    果敢に挑んでいくニャロメの、その姿。


    女の子大好きで惚れっぽい。
    情にもろい。
    自分を人間と思い込み、
    仲間のケムンパスやデシにはちょっと偉そう。

    イタズラばっかりするけど、困っている人をみたら無視できない。

    叩かれてもひどい目にあっても、「負けニャイ」と立ち向かう。

    かっこいいなあ、ニャロメ。



    ちなみに、照れているニャロメのその姿にどうしようもなく
    母性本能をくすぐられます。

          
          
         
      
          

    曇りが沁みる

    0
       嫌な季節ですね…という言葉がこの時期の挨拶の定番ですが
      梅雨入りが発表されて、予想を裏切る連日の真夏日。
      カラ梅雨ではないかと思わせる陽気です。

      でも、まだ6月入ったばかり。
      油断できません。



      何か困ったことがあったとき、どうしますか。

      歯が痛む、物が壊れてしまった、あの場所の住所が知りたい、
      服がほしい、こういうときはどうしたらいいのだろう……

      私は真っ先にPCを立ち上げます。
      そしてネットで調べ上げていくうち、自分が抱えている問題は8割解決します。


      すごいことです。
      これは。
      改めて思います。

      百科事典よりもすごい。
      悩んでいた数時間後には、ハラオチしてしまっている。




      「心 モヤモヤ」で検索。




      こんなもんかな。

      でも、ちょっとマシかな。


            
            
           
        
            

      5月 大阪新歌舞伎座 コロッケ特別公演

      0
        コロッケ

        *いちおうネタバレ注意*


        ついに!念願の!
        コロッケ公演を見ることができました!
        オンステージではなく、コロッケが座長を務める特別公演です。

        新しくなった大阪新歌舞伎座にも今回初入場することができました。
        キレイし座席もゆったりですが……やっぱ前の新歌舞伎座のほうがいいかなあ、とチラと思いつつ。

        11時開演の回にいってきたのですが、予想どおり高齢者がほとんど。
        でも中には若いカップルさんらもちらほら。
        幅広い世代にファンがおるんやね。なんだか納得。

        私の席は2階でしたが、特別席のうしろだったので舞台全体が見渡せて快適。
        一番心配していた、ものまねのときのコロッケの顔の表情もちゃんと肉眼で見れたし、
        舞台上には大モニターもあったのでひと安心です。


        第一部は、山本周五郎原作の時代劇「わたくしです物語」。
        演技もさることながら、コロッケはかつらが似合う。
        つまり、顔が大きいということなんです。
        かつらは、基本的に顔の小さい人は似合いません。
        以前、京都太秦の撮影所で松平健氏を間近で見たことがありますが、やはり大きかった。
        時代劇に出ている面々を思い出してみても、似合う人はやはりそれなりの顔の大きさがあります。

        そんな第一印象を引きずりながら観ましたが、坂上忍なんかも出ていて
        しっかりとしたお芝居で、後半は周囲ですすりなく声も聞こえました。


        でもでもやっぱり、一番楽しみなのは第二部。
        「コロッケオンステージものまねエンターテイメント2013」!!
        生であのものまねが見れる……。
        お気に入りの谷村新司もやってくれて、笑いすぎて頭が痛かった。

        そして今、コロッケが取り組んでいる「ものまね落語」も見れました。
        噺の内容はさておき、登場人物を有名人のものまねでするのですが、そのクオリティの高さは
        さすが。眼をつぶって聴いていると、本人が本当にそこにいて話しているようです。

        コロッケはトークも上手。
        最後の歌の前にはちょっとした話をするのですが、笑いも取りつつ、ちょっと感動もさせる。
        本当にエンターテイナーだなと思い知ることのできる舞台でした。

        次は9月のコロッケコンサートだ!!



        余談:
        こういう舞台を見るときに懸念するもう1つのことは、観客のマナー。
        高齢者の方たちなので、ちょっと心配していたのですが、とても鑑賞上手な方が多く驚きました。
        途中であめちゃんむく音や、何かを探しているのかビニール袋のカサカサ音は
        しょっちゅう会場のあちこちから聞こえましたが、私には想定内の範囲。

        ただ横にいた人が飲み終わったアイスコーヒーのプラスチックをなぜか
        ゴリゴリ潰しはじめたのです。しかも舞台のクライマックスに。
        これには一緒に観ていたおかんもキレて「うるさいな!」と言ってました。

              
              

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        今日の言葉

        selected entries

        categories

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR